k8 カジノ k8 カジノ ボーナス – bellosatardecerespr.com

k8 カジノ k8 カジノ ボーナス – bellosatardecerespr.com, K8 カジノで利用できる 3000 以上のゲーム。k8 カジノ k8 カジノ ボーナス – bellosatardecerespr.comスロット、ルーレット、ゲームショーなどのゲームをプレイして、30% 以上のプロモーションを受け取ります

Feed | RSS | sitemap.html | Sitemap

宝くじ ネット 宝くじ ネットk8 カジノWindows 10の1周年記念アップデートは間もなく完成仮想通貨カジノパチンコハイビスカス パチスロ

宝くじ ネット 宝くじ ネットk8 カジノWindows 10の1周年記念アップデートは間もなく完成仮想通貨カジノパチンコハイビスカス パチスロ

宝くじ ネット 宝くじ ネットk8 カジノWindows 10の1周年記念アップデートは間もなく完成仮想通貨カジノパチンコハイビスカス パチスロ

コイン 買う ならk8 カジノ 「鈴木淳也の「Windowsフロントライン」」バックナンバー Apple M1/M2対抗の「Oryon」はWindows on Armの流れを変えるかWindows 10は全て64bitになる 32bitから64bitへの完全移行は間もなくWindows 10のアップデートが新型コロナの影響で大きく変わるSurface Neoは間に合わない!? 2020年に登場するMicrosoftの新ハードウェア登場から4年がたち、Windows 8時代の資産から脱却しつつあるWindows 10Windows Insider Program向けのRTM配信はもうすぐ

パチンコ スロット 爆 サイ 米Microsoftは7月9日(米国時間)、Windows Insider ProgramのFast Ring参加者向けに、Windows 10開発プレビュー版「Windows 10 Insider Preview」の「Build 14385」を公開した。数百のバグを修正したという。

 公式ブログ(Windows Experience Blog)でドナ・サルカール氏が報告しているように、Windows 10次期大型アップデート「Anniversary Update(開発コード名:Redstone 1)」は8月2日の一般公開に向けて、ほぼ完成に向かっている。

 7月29日にはWindows 7/8.1からWindows 10への無料アップグレード期限が終了するが、その直後に大型アップデートが無料で配信される。つまり、7月29日ギリギリでWindows 10に移行するユーザーは、直後にまた大型アップデートを適用するという流れになるわけだ。

Windows 10原稿執筆時点で最新のWindows 10 Insider Previewである「Build 14385」にアップグレードした直後の状態。デスクトップ右下の「評価コピー」とビルド番号の表記が消えている点に注目

 従来であれば、Build 14385は「RTM(Release To Manufacturing)」に近づいたビルドという言い方で紹介していただろう。RTMとは、WindowsプリインストールPCを製造するOEMメーカーやエンドユーザー向けに提供される「OSソフトウェアの完成版」に該当する。

 ただ、「Windows as a Service」のコンセプトを掲げて定期的に最新機能をユーザーに提供していくことを目標にしているWindows 10ではRTMというキーワードの使用を避けており、現在はマイルストーンに達したOSビルドを業界関係者が便宜上RTMと呼んでいるだけだ。

 Redstone 1がRTMに近づいているという兆候は既に出ており、Fast Ring向けに1つ前のタイミングでリリースされた「Build 14383」からは「ウオーターマーク」と呼ばれるデスクトップ画面右下の「評価コピー」とビルド番号の表記が消え、直近で配信されたBuild 14385でも同様にウオーターマークが表示されていない。

 米Windows Centralが7月7日(米国時間)に掲載した記事によれば、Build 14384からは既にRTMの最終候補版になっており、最終的なバグの修正と調整が行われた段階で該当するビルドをRTM相当として、7月11日週にもリリースする見込みだという。

 次の「Build 14386」がRTM相当になるというウワサもあったが、7月10日時点(日本時間)で、既にMicrosoft社内の開発者向けビルドとして「Build 14387」が提供されている。ビルド番号は通常営業日にほぼ1日1つずつのペースで進んでおり、少なくとも「Build 14390」に達しない週前半のタイミングにはRTM相当のビルドが提供されるのではないだろうか。

 ここでRTM相当となったOSビルドは、8月2日の段階で一般ユーザー(Current Branch:CB)に向けてAnniversary Update(1607)として順次配信が開始される。「1607」とはOSのバージョン番号で、2016年7月という配信年月を意味しているようだ(実際、2015年11月に配信された「November Update」のバージョン番号は「1511」)。

 「あれ? 配信開始は2016年8月じゃないの?」と疑問に思う方がいるかもしれないが、当初7月に予定していた配信が8月にずれたとみられる。そこは大人の事情だと思って、深く考えない方がいいだろう。

Windows 10Build 14385のバージョン番号を確認してみると「1607」とある。「Anniversary Update(開発コード名:Redstone 1)」の正式な提供開始は2016年8月2日の予定だが、当初の提供開始予定月とみられる「2016年7月」を示すバージョン番号となっているWindows 10旧WindowsユーザーのWindows 10への無料アップグレード終了まであとわずか。画像はIEでMSNにアクセスした様子だが、このようにあの手この手で終了間近を伝えてくる

 なお、Anniversary Updateで追加される新機能については、以下の記事を参照していただきたい。

→ Windows 10次期大型アップデートにギリギリで加わった「自作PC」向け新機能→ これでWindows 10を導入する気になる? 公開1年記念アップデートで変わること 「鈴木淳也の「Windowsフロントライン」」バックナンバー Apple M1/M2対抗の「Oryon」はWindows on Armの流れを変えるかWindows 10は全て64bitになる 32bitから64bitへの完全移行は間もなくWindows 10のアップデートが新型コロナの影響で大きく変わるSurface Neoは間に合わない!? 2020年に登場するMicrosoftの新ハードウェア登場から4年がたち、Windows 8時代の資産から脱却しつつあるWindows 102020年、Microsoftが目指すパスワードレスの旅「モノ」を売る場所から「体験」と「ソリューション」の場に変化するMicrosoft StoreAIやビッグデータとともに進化する「Microsoft Teams」の今 一歩先行くオフィス環境Microsoftが折りたたみ型Surfaceを開発中? うわさを巡る最新事情新型Surface Proで互換性は維持される? 2019年の次世代モデルを予測する関連キーワードWindows | Windows 10 | Microsoft | Anniversary Update | 鈴木淳也の「Windowsフロントライン」仮想通貨カジノパチンコ三菱 自動車 fc

コメントを残す

業界連盟:k8カジノ k8 カジノ リリベット カジノ k8 カジノ ぷにぷに メンテナンス |